忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
謡 陸葉
性別:
女性
職業:
社会人1年生
趣味:
読書・観劇・スポーツ観戦
自己紹介:
活字と舞台とスポーツ観戦が大好き。
コナンとワンピに愛を注ぐ。
4つ葉のクローバーに目がない。
寝たがり。
京都好き。
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっトランスポ-ター3とかやってるの??!!


今までテレビで2見てたんですが。
謡このシリーズがだいっっすきで!!
フランクかっこよすぎてきゅんきゅんするww
戦闘シーンは、ホント、いたいいたいいたいってなってあんま見たくないんですが(敵視点・笑)
もうフランク大好きですよースタンスも戦闘能力もドライブテクもカッコいいなんてもんじゃないですよー。
ジャッキーみたいなコメディ要素がない分息つく暇もなく目がハートですよぅ。


あぁーキャラ崩壊してるわ(謡の)

トランスポーターは、1より2が好きですが。
どっちも面白いです。
謡がアクション映画薦めるとか余りないですよ。
ラッシュアワーとこれくらいなきがします。
是非!是非見てください。

よし、今度の休みはフランクとサマー・ウォーズ?梯子しよう。
PR
映画『劔岳』のネタバレを若干含みます




昨日から実家帰ってます。
でも今日は普通に店舗出勤なんで今は車中の人です。
明日から怒濤の研修週間突入。
はぁ


昨日はママン引き連れて劔岳見てきました。
香川さん好きすぎる私。
もう、役によって目の表情が全く違うんだこの人は!

日本の山の美しさとか厳しさとか壮大さとか、言葉にできない感動がありました。
山登りしたくなった。けど、絶対嫌だとも思った。
凄まじい努力の末にあの結末。
誇りや名誉ってなんだろう。


何の為にやったのかが重要だ。

日本地図が出来るまでには本当に色んな人達の思いがあったんだなぁ。



劔岳の上の方の雪は溶けないって話で『人間がこの世に生まれるずーと前からあそこにある』って言葉が衝撃でした。
言われてみたらそうなんですが、雪なんていう儚さの代表みたいなもんが大昔からずっとあり続けるっていうスケールの大きさにめまいがする。


自然はすごい



スタッフロールの記載が『仲間たち』だったことにこの映画の在り方を感じました。
空撮もCGもスタントも使わず、実際に観測隊がたどった通りに撮影された過酷な現場。
まず捨てられた荷物が台本だったという点でまさに前人未踏の実録映画になったんじゃないですか(笑)


偉大な仲間たちと立山の自然に乾杯!



そして初っぱなから死亡フラグ立ちまくってたけどなんとか生き残ったノブにも乾杯☆

行って来ましたワンピ映画。
アラバスタです。

うん、うー・・・・ん?
えー・・・・、ビビが、かわいくて、ペル、が無駄にかっこよく、盆ちゃんは向かって右がメスで左がオスだったかしら?(懐)

まさに総集編。てか、ダイジェスト?
そんなとこから入るのかよっと初っ端からドン引きです(謡的に)
アラバスタ知らない人にはさっぱりですね。
何も分からなかったと思いますよ。
まず、ビビが何者かすら分からないもの。
ファンじゃないと分からないのに、ファンだと楽しめないとはこれいかに。

色々、名言、名場面を総浚いした感じでしたが、それらは背景があってこその一言であり、それだけをぽんっと出されても『あぁ、うん、いい台詞だよね』としかならないことがよく分かりました。
『国とは人』と同じことで、『物語とは人の心』なのだから、心の機微が拾えないと全く中身が失われてしまう訳で。

それでもやっぱりぐっと来るのがアラバスタ。
凄いですねアラバスタ。
最早不朽の名作ですねアラバスタ。
世界名作劇場でやりませんかアラバスタ。

でもやっぱり今回ホント、ペルを見に行ってきたような感じが・・・・(笑)


余談ですが係りの兄さんの手違い(?)で入場者に配られるボディシールを2枚貰ってしまいました。
え、使わんって。
そんな軽々しく『仲間っ!』とかやれると思ってないし。てか、やらないし。
海賊旗とかつけてどこ行くのって感じだし。
え、イベント?イベントなの?
それも正直どうかと・・・・・。
えー・・・、保存。永久保存ですかな。
それで自分の子供とかがワンピを好きになったらあげればいいよ(いつの話)
も一つ余談ですが、草尾さんってワンピ出すぎですね(笑)
コーザさんを聞いてるとどうしてもオマツリのムチゴロウを思い出し、極めつけはサウロ。
うおー草尾さんがいっぱいじゃーと、思って帰ってきました。

あ、同時上映(・・・?)のアラレちゃんがかわいかったです(笑)
太郎ちゃんはおまわりさんになってたんだね。知らなかった。
Dr.マシリトって息子いたんですね。知らなかった。
ってゆーかそんな5分かそこらのものにわざわざ高木さん使うことないよ。


そんなこんなで全否定はしないけれども多分に消化不良を感じていたので気持ちのいい演技をみようと借りたまま放置だったDVDを見ました。
『ジョー・ブラックをよろしく』
アンソニー・ホプキンスは、ホントに、いいなぁ。
謡はどうもこの人の持つ空気というか、オーラと言うかそんな不確かなものに酷く惹かれているようで。
ロビン・ウィリアムズと同じような感じではあるけれどもそこまで柔らかくなく。
ロビンが春の風ならアンソニー・ホプキンスは冬の朝の凛とした空気のようだと思う。
澄み切って、すがすがしく、でもどこか重く垂れ込めて、けれど何故か優しい空気。
作ろうとして作れるものじゃないなぁと、見るたびに思います。素敵。
えー、この話、ストーリー自体はありがちで、オチがいまいちってゆーかもう一つひねって欲しかったなとは思いますが全体的にとても見やすくて飽きることもなく、感情がストレートな人物ばかりなので気持ちを汲み易かったです。
コミカルな面も、爽快な部分もヒューマンドラマのような要素も持った面白い作品でした。
ファンタジーだと思ってみるのがいいかも。
ブラッド・ピットが名優に見えます。ってゆーか好きになった。
オーシャンの時のラスティ?も好きだけど彼はカッコいいだけだったから。
こっちの方が上手いと思いました。シークレットウィンドウのジョニデ見た時程衝撃は受けなかったけれども。
意外性はないけれど丁寧で美しい演技が見れます。
最近見た中ではルパンの次くらいにお勧めです!(どんな基準なの)

今日は実写ドラマと映画のお話です。

今月3日から日テレと静岡第一放送で深夜枠にて百鬼夜行抄(今市子さん)の実写ドラマが放送されております。ご存知でしょうか?
今のところ関西圏での放送は未定と言うことで、とりあえず公式サイトだけ覗いて来ました。
んー・・・・まぁ、どうだろう。
渡辺いっけいさんが青嵐って言うのは、無難なところでいいキャスティングだなぁと思います。
謡が渡辺さん大好きなんですけどね!
あのいい人にも怪しい人にもなれる目が凄い。
後は、予告編だけ見た限りでは余り見たい感じではなかったなぁ・・・。
原作の雰囲気が大好きなんで。
ドラマCDの雰囲気も大好きなんで!
律も司も皆好きなんで。
実際見てみないと全体のことは分かりませんが、あの次回予告はあまり演出的に期待できないなぁ。
あれは実写っぽいけどホントに原作を出そうと思ったらアニメでやるしかないと思います。
尾白と尾黒も出るらしい。妖怪は当然皆CGですって。
1話だけ見てみたいなぁ・・・。関西回ってこないかなぁ。


次は去年の3月旧ブログで謡が散々喚いた蟲師映画。
夏に一回話題になりましたよね。なんか海外の映画祭で絶賛されたとか、賞を頂いたとか?(風の噂)
それも公式サイト覗いて来ました。
『長編』なのに、なんかオムニバスなのは、何故?
真火と虹郎とぬいと探幽ちゃんを確認。あと、露を吸う群れの治療風景も。
何話分まとまってるの。
ってゆーか『緑の座』はやらないの!?
蟲師始めるならあれからやろーよー。あの蟲の説明をはしょってどーする。
映像は相当いいかも知れないです。確かに。
日本の森って綺麗だなぁ。
でもギンコ別人だし、ぬいさんは誰!?ってなるし探幽ちゃんは、蒼井ゆうさんなんで演技は期待できますが探幽ちゃんはもっと固い顔してて欲しい・・・・。真火が可愛くない。虹郎はイメージは良い感じです。好き。
見たいよーなー見たくないよーなーですね。
メイト限定の根付付き前売り券。根付が微妙にかわいいです(笑)
あ、そーいえば今月蟲でるんだっけ?
楽しみですねー♪

 

忍者ブログ [PR]