忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
謡 陸葉
性別:
女性
職業:
社会人1年生
趣味:
読書・観劇・スポーツ観戦
自己紹介:
活字と舞台とスポーツ観戦が大好き。
コナンとワンピに愛を注ぐ。
4つ葉のクローバーに目がない。
寝たがり。
京都好き。
カウンター
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遊ぶ予定を組んでみた。

3月
1:4~6らへんにおけぴかミクシに落ちてるコバの神戸公演行けないだろうか・・・
2:とりあえずホームズ
3:横浜でゆかいな友とばんごはーん♪
4:ジブリvv
5:コバ@東京
6:横浜猫2回目ーvv

4月
1:とりあえず名探偵
2:とにかくアリス
3:ヘンリー(10~17)
4:フィギュア(17・18)
5:Piper(29~5/2)


5月
1:インディゴ

6月
1:ナンシー
2:キャラメル
3:裏切りの街



これでも絶対なんか忘れてる。
さて、いったい何を切っていいものか。
とりあえず希望休は3日までなので3つの絶対を作らなければいけない。
3月はいいとして。
4月が、えらいことになっとる(笑)
絶対近づいてきたら増えるしな。
5月か遅くとも6月には京都劇場の次回公演(なにくるかなーアンデルセンがいーなー)がかかるだろうからそれもどっかにねじ込んでー。

あ、俺遊び過ぎだ。


7月ハピパニ行きたいって行ったらダメかしら。
ダメだわな。
1日だもんなぁ。無理無理。
転職して東京に移住するしかねぇわな。
嫌だな。
じゃあ仕方ないな!


そろそろ野田地図か鴻上ネットワークが見たい感じだな。

今年は結構本数見れる気がする。
レッツ散財☆
PR


雪が降ってます。
いや、そんな情緒豊かには降ってません。
ぶわっ~っと降ってます。
風が強いんだな。

朝方はうっすら積もってたみたいですが今はもう融けてしまって濡れた地面しかありません。

そこに舞い降りてはまた融けてく雪をぼけ~と眺めながら積もらないなぁと思ってるとふっと思い出しました。

確か、最初に地面にとりついた最初のひとつを私は見たい、とか、なんとかいう詩があったはず。


ネットとは本当に便利なもので↑のような曖昧な情報でも直ぐにみつけてくれます。

 

 ≪あんなに、つもっては消え、つもっては消えしているのに、どうして、いつのまに 、ふんでもとけないぶ厚い雪の道ができあがるんだろう。
 土にとりついて、とけないで、上から落ちてくるなかまをささえた、その最初のひとつぶの雪を、加代は見たい≫


これですね。
小6の教科書に載ってる『加代の四季』の中、「雪」の章にある一節だそうです。
詩じゃなかった・・・!

雪を見るとき稀に思い出すこのフレーズ。
話の内容とかは全く思い出せないのにここだけが凄く残っているわけで。
改めて今日出典を調べて「四季」というタイトルからこの教材がこんなに自分の中に残っている理由がわかった気がします。
わかったっていうか、多分この教材を扱った時に「四季」で詩を書かされたんですよ。
校内のどこに行ってもいいって言われて。
はじめは誰も行かなくって、謡は当時から周りがやってないからってのを気にしない子で一人も平気だったのでふらっと出てった気がします。
その時は体育もやってなくて校庭が凄く静かで。
クラスメイトに会うこともあったんだろうけどその辺の記憶は全くなくて。
最終的にプールわきの階段に落ちついて。
光の反射がすごくきれいで、静かで、少し肌寒いのが気持ちいいくらいで。
課題自体はそっこうで終わったのに時間いっぱいそこに一人でずーっと校庭とプールを眺めてたなぁって。
そんなことをつらつらと思い出しました。

小学校でやった国語の教材とか、覚えた詩とかっていうのは中高でやったものよりも格段に強く謡の無意識に残っていて。
子供の純粋な部分に訴えかける作品がちゃんと選ばれてるんだなーって思ったり。
逆に今の自分が触れているものがまた12年後にふっと思い出されることってあるのかなぁーって思ったり。



あぁ、でもそうだな。
このフレーズを調べて改めて読んで、何故か重力ピエロを見なければと思ったので(DVD買ったまま放置)
きっと12年後にも今好きな作品の言葉を思い出して、検索して、見つけて。
そしたらその時好きな作品を見返したくなるんでしょう。

やってることが変わるとは思えない。






楽しそうに生きていれば、地球の重力なんか消してしまえるんだよ

新年一発目ですね。
皆様明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

えー・・・・・皆お年賀ありがとう。


返してなくて、ごめんなさい。



新年早々全力で無気力ですぜ。
・・・・うん、がんばる。




6日にパイレート・クイーン見てきました。
以下感想。
あくまで私見なのであしからず。

つか、その前に去年の猫の感想書けよ俺。


2009年も残す所あと15分となりました。
本当にこの1年は早かった・・・。

仕事終わってから自宅直帰で1時間前くらいにたどり着いたのですが。
もう、眠くてふーらふーらしてます。

なので本当はここでこの1年をふりかえり総括やら猛省やらするはずだったのですが無理っぽいです。
こうしている間にももうまぶたが落ちてきています。

今年一番感じたのは悲しくも『体力の衰え』ですね
芝居の梯子がきつくなってきた。
何より先日の猫ツアーが眠すぎた。
まぁちゃんと熟睡出来てなかったのもあるのですが。

あぁ・・・・年を取るっていやぁね。
嫌なことばっかりじゃないですけどね。
今になってわかることもたくさんありますからね。

明日は仕事行くより早く叩き起こされるのでもう今日は大人しく寝ようと思います。
ジャニのカウントダウンライブも見ずに・・・もう無理眠い。


皆様本年中は大変お世話になりました。
来年も変わらず御指導御鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。



あと9分。。。

余りにも桜井の声が耳から離れないので今ミスチル聞きながら書いています。


見てきましたストロング・ワールド
感想ですが、別に映画の内容には触れてません。
とにかく見ればいいと思います。
なんか見ながら泣きそうになってて隣が他人さんなので必死でこらえてまぁちょっと泣いたけど。
家帰ってパンフとかワンピ特集のぴあとか読んでて泣けてきました。


ワンピースという作品はこんなにもたくさんの人に愛されて出来ている。


今年の映画は本当によかったです。
尾田先生が書く原作そのものでした。尾田ちゃん総指揮なんだから当然と言われればそうなのですが。
自分の中にいる麦わら海賊団がその理想の姿のまま目の前で動いてしゃべっていたので嬉し過ぎて泣けました。

船長は文句なくかっこよく、船長でした。
ゾロは小さいものと絡むとマジでかわいいんですがもうどうしようかと思うほどの悪人面で、馬鹿で。
サンジはもうホント、オシャレな、うん、馬鹿で(笑)
この二人がルフィの半歩後ろで並列っていう立ち位置がすごく好きです。
真横じゃなくてね。あくまでルフィが船長っていうのが凄く出てて。それが本当に自然で、いいね。
ウソップは相変わらず一番情に厚くて仲間思いでがんばり屋さんで。
チョパもかわいくて、わーわーやってて。
ナミがヒロインで。
ロビンがお姉さまで眼鏡でぽにーで。
フランキーとブルックがお兄様で。
大人組素敵だ。

全員がちゃんと彼らとして動いてました。



謡がワンピを読んで一番思うことは彼らはたくさんの人々に生かされているってこと。
少年漫画の主人公たちっていうとかっこよくて強くて、まっすぐでもうほっといても勝手に先へ先へ行ってしまうような印象が強い。
でも彼らの場合はそうじゃなくて、ちゃんと故郷があってそこでいろんな人たちの思いで支えられて生き抜いてきてて、その人たちが彼らの根っこに常にあって、その人たちの中にも彼らが常に存在していて。
見守られているから先に進めている感じがする。
与えられた愛をそのまま返して、力にして。
たくさんの人たちの愛の上に彼らの笑顔がある。
一人じゃ生きられないって教えてくれるので、それがワンピのいいところの一つだと思っています。

なので今回の映画で皆が故郷の為に戦う姿は本当に嬉しかったのです。
それが彼らの当たり前なことがたまらなく嬉しくて泣きそうでした。

もちろん、仲間同士の絆の深さもめちゃくちゃ伝わってくるのですが。
スタッフロールでイーストブルーの様子が描かれているのを見た時にはあぁこれでまだまだ安心して彼らは旅を続けられるなって思いました。


パンフのインタビューで勝平ちゃんと育江さんがお話しされていますが彼らはそれぞれの夢がかなったら「じゃ
」とかいってあっさり別れてしまいそう。
これは本当にずっと謡も感じてたことで目的もなくただ彼らが一緒にいる姿が想像できない。
彼らはどっかで絶対にわかれると思う。
でもそれでも彼らは絶対に仲間のままだと思う。
一緒にいないからって仲間じゃなくなるわけじゃない。
それがあっさり納得できてしまう凄さが彼らにはある。

そこのところを改めて見せつけられた映画でした。


そんな彼らに、感動しない世の中がきっと理想。
彼らの築いている絆や愛の深さが当たり前のものとして存在する世界。

難しい

から、きっと皆こんなにも彼らに憧れるのでしょうね
今、読まれるべき話で、ずっと読み続けられるべき作品です


この時代に生れてよかったなぁ




皆、時間開いたらワンピみるがいいよ☆

忍者ブログ [PR]